カテゴリー: 未分類

フラワー電報の贈り方

フラワー電報は花束にメッセージを添えて送る電報ですから、文字数に限界がある電報で伝えきれない思いや、日頃なかなか言えない思いを花に託して大切な人へ贈る電報の形です。よほどの事が無い限り花が嫌いという人はあまり多くみかけませんから、確実に感謝の心や思いやっている気持ちを伝えるのにはとても良い方法です。問題はどのような形で贈るかです。

生花は命あるものですからごく近い相手へ贈る分にはいいのですが、遠方となると贈り方を工夫しなければなりませんし、さすがに到着してみたらしおれていたではお話になりません。様々なショップサイトがあってカタログを閲覧できますし店舗までいけるなら資料を入手できれば、一目瞭然であるように加工した花束を選ぶ事もできます。

たとえばプリザーブドフラワーなら自然の花をそのままの形で届ける事ができますし、小鉢に植えた状態で贈るものもあります。お花を箱詰めにして贈る形もあれば花器に生けた状態で贈るもの、あるいは透明なクリスタル瓶に詰めたポプリのようなものなど、多種多様ありますし予算に応じて花束の大きさも調節できます。相手の地元に連絡して花を届けてもらうついでに、生けてもらうというサービスを展開しているお店もあって、お店の数だけ贈り方がありますからいくつかのお店を回ってみて、気にいったものを選ぶのがオススメです。料金設定はピンからキリまでありますから家計との相談です。送料無料およびお花代だけでフラワー電報を贈ってくれる店舗もありますから、豪華な事にこした事はないのですがあまり張り切りすぎず無理のない範囲ですますのが肝心です。

あらゆるシーンで利用

花の贈り方に特に決まりはありませんから、いつでも何かの折に大切な人に贈っても良いのです。贈るにもそれなりの動機がないと贈りにくいですが、幸いな事に日本では年中なにがしかのイベントがありますから、シーン別に贈るというのがオススメです。フラワー電報を扱っているのは花屋の他に電信電話会社や郵政省および配送会社など多種多様な企業ですから、まずはホームページまたはもよりの花専門店に相談してみるのが良いでしょう。

昨今は開店祝いや開業祝いの他バレンタインディーやプロポーズの他就任就業祝いあるいは結婚祝いなどの時にも贈られる事も増えてきました。意外とリーズナブルに贈れますから、花屋でみかけるような高価なイメージをいだく必要はありません。中には送料無料でフラワー電報を贈れるサービスもありますし予算に応じて種類を選ぶ事ができます。出産や選挙および快気祝いそしてお見舞いに花かごのような形でお伺いした際に贈られる事もあります。もっともお見舞いで贈る場合は、枯れやすいものは注意した方が良いなど注意点はあります。

結婚祝いならなるべく華やかにした方が良いでしょうし地方発送する場合も、途中で枯れてしまわない工夫が必要になってきますが、贈り方も様々な方法や工夫ができますからまずは花屋に相談してみるのが賢明です。今の時代はインターネットの普及により海外へも一瞬でメッセージを送れるからこそ、手から手へと華やかで心のこもったフラワー電報が、言葉では言い切れなかった思いを伝えてくれるものとして少しずつ増えてきたのです。言葉が浮かばない人のために例文も通常準備されています。

祝電をフラワー電報で

日本では誰かにお花を贈るという習慣が元々ない国ですから、フラワー電報と聞いてもピンとこない人もいるかもしれませんが、海外事情を見ると何かの折に花束が比較的ポピュラーに贈られている様子がうかがえます。特にバレンタインディーでは男性が女性に花束を贈るのが当たり前という国がいくつかあり、日本の女性たちの間からため息がもれそうです。

その半分以上はキリスト教国ですからイスラエルなど東南アジアのように砂漠が広がっているような地域で、花束が贈られているのか不思議ですがイスラム教のように反キリスト教国では敵地で行われている習慣になびく事は一切しませんから、ごく一部の地域でのお話です。お隣中国でもお世話になった教師に花を贈る事が行われていますから、そうすると花を贈らないのは日本だけかといささか不安になってきます。

古代において花を贈るというのは皇族など身分の高い人たちの間だけの習慣であって、一般庶民はむしろ野菜や米などの食料のやりとりは行われていましたから、プレゼントそのものの習慣はあったのです。花束を贈る習慣は明治以降にキリスト教会から始まり、とりわけ母の日にカーネーションを贈るというのが少しずつ国民の間に広まっていったものです。

今でも子どもの典礼やクリスマスなどのイベントの際にもリースにしたり花束にしたりして、地域でお世話になっている交番などに子どもたちの手から花束が贈られるという事は行われています。プロポーズの時に婚約指輪と共に花束を男性から女性へ贈る習慣はイギリスから始まったとする説が有力です。日本でも少しずつ行われるようになりました。花を贈られて嫌な思いをする人はいませんから、早々にフラワー電報を大切な人に贈ってみてはいかがでしょうか。